×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    ×All About Lovely Murphy Brown×



+TVキャスターマーフィー・ブラウン - 基本データ+

CBS/米 (1988〜1998) 全247エピソード(全10シーズン) / 制作・ワーナー ブラザーズ テレビジョン
NHK (1994〜1995) 第3シーズン(71話)まで放映 / 制作・東北新社・NHKエンタープライズ21
スーパーチャンネル (2000〜2001)            
脚本 / ダイアン・イングリッシュ、コービー・サイアミス、ラス・ウッディ、デニース・モス
サイ・デュケイン、キャサリン・ベイカー他

日本語版脚本 / 佐藤一公
監督   / バーネット・ケルマン、ピーター・ボネーズ、リー・シャラット・ケメル、ジョー・レガルブト
日本語版演出 / 伊達康将
キャスト / マーフィー・ブラウン (キャンディス・バーゲン /声・藤田淑子)
       ジム・ダイアル (チャールズ・キンブロー /声・羽佐間道夫)
       フランク・フォンタナ (ジョー・レガルブト /声・樋浦勉)
       コーキー・シャーウッド (フェイス・フォード /声・榎本智恵子)
       マイルズ・シルバーバーグ (グラント・シャウド /声・佐久田修)
       フィル (パット・コーレイ /声・富田耕生)
       エルディン・バーネキー (ロバート・パストレリ /声・斉藤志郎)
      
       ジョン (ジョン・ホステッター /声・峰恵研)
       カール (リッチ・ブリンクリー /声・辻親八)
      
       ジェイク・ローエンスティーン (ロビン・トーマス /声・土師孝也)
       ジェリー・ゴールド (ジェイ・トーマス /声・富山敬)
ストーリー / アルコールとタバコへの依存から療養所に送られたテレビキャスター、マーフィー・
      ブラウン。彼女がテレビ局に戻ってきた所から物語は始まる。 破天荒で我が道を行く
      性格のマーフィーはケンカっ早くて子供っぽいところもあるが、皆に愛されている。古参の
      キャスター・ジム、事件調査レポーターのフランク、元ミスアメリカでジャーナリスト志望の
      コーキー、若手プロデューサーのマイルズと、スタジオはボケ・ツッコミ両用 OK のファン
      キーなお方ばかり。 家に帰れば内装工のエルディンのハイブロウなツッコミが光る。
      仕事は完璧、プライベートは問題山積みのマーフィーの明日はどっちだ!?
コメント / アメリカで十年間放映され続け、キャンディス・バーゲンがエミー賞主演女優賞を5回
      他13回(各部門)の受賞歴を持つ、シチュエーションコメディの傑作。
                             ★
      まず脚本の質が非常に高いです。メインの舞台が報道番組 F Y I のスタッフルームなの
      で、ネタになるのはジャーナリズム畑の話が多いわけですが、これがいちいち気が利いて
      いる。ウォルター・クロンカイトやコニー・チャンなどアメリカの大物ジャーナリストが本人
      役でゲスト出演したり、当時の副大統領ダン・クエール(アメリカ史上屈指のアホ)を常ネタ
      にしていたりと、上質なコメディと底抜けのアホが奇跡のバランスを保っている、稀有な作
      品。 とにかく登場人物全てが愛すべきキャラクターで、ギャグの役割分担も絶妙。ボケ・
      ツッコミの切り替えのフットワークも軽く、一から十まで笑いっぱなしな事必至の傑作コメ
      ディです。

<<トップページへ戻る       キャラクター紹介へ>>